TOP

医院ブログ

  1. ホーム
  2. 医院ブログ一覧
  3. 医院ブログ詳細

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。それでは虫歯菌はどこから入ってくるのでしょう。
​それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。

​虫歯菌は基本的に歯の表面でしか成長できないため、歯の生えていない乳児には存在しません。
​そして虫歯菌に最も感染しやすい時期は、乳歯の生えだしたのち1歳7か月(生後19か月)から乳歯が生えそろう2歳7か月(生後31か月)と言われており、歯科ではこの時期を「感染の窓」と呼んでいます。

​そして3歳頃に口の中の細菌の割合が決まってしまうと、以後もそのバランスを保ったまま成長していきます。

​この「感染の窓」の期間に虫歯菌の感染を防ぐことで、口の中の細菌バランスが整う3歳以降は虫歯菌に感染しにくくなり、成長しても虫歯のできにくい口腔環境が整います。


​「感染の窓」の期間にできるだけ虫歯菌の感染を予防するならば、まず食事の時に大人と子供の使うサラヤ箸を分ける方がよいでしょう。

​これを実践するには周囲の理解が必要です。一緒に食事をする機会の多い祖父母や親せきなどには特に必要でしょう。ただし、このような理解を得られないまま無理に強行し、結果として家族間の軋轢を生むケースもあるのでご注意を。


​他にも、必ず大人が仕上げ磨きをし、正しい歯磨きの習慣を身につけさせることは大変重要です。


​3歳頃に虫歯になる子供の多くは食生活に問題があります。
具体的には食べたい時に食べたいものを好きなだけ食べるような生活です。子供の虫歯の原因のほとんどが、この「ダラダラ食べ」です。
​もし心当たりがあるのであれば、このような食生活は今すぐに見直すべきでしょう。


​正しい知識を家族で共有することが、子供を虫歯から守るうえで大切なのです。

一覧へ戻る

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.