TOP

医院ブログ

  1. ホーム
  2. 医院ブログ一覧
  3. 医院ブログ詳細

アマルガムと金属アレルギー

みなさん「アマルガム」という歯科材料をご存知でしょうか?

​アマルガムは、虫歯になって削った歯に詰める材料です。

歯に詰めるときは柔らかく、穴の部分をしっかり詰めることができ殺菌性に優れています。詰め終わると固くなり、噛む力に耐えられるようになります。見た目は少し黒っぽい銀色の詰め物です。
 

日本では1970年代をピークに最近ではほとんど使用されていません。僕も学生時代に模型を使った実習が1回ありましたが、臨床で使ったことは1度もありません。世界的にも使用頻度は激減しています。


ではなぜ使われなくなったのでしょうか?


アマルガムは50%の水銀、銀、亜鉛、銅、スズなどからできています。アマルガムがお口の中に詰められていると次第に腐食し、体に影響がでてくる可能性があるからです。

アマルガムが詰めてある歯で噛んだ時に、摩擦が生じ、熱が発生することで水銀を含んだ蒸気が発生するといわれています。授乳中のお母さんの口の中にアマルガムの詰め物が多いお母さんほど、母乳の中の水銀濃度が高いという研究結果もあるそうです。


水銀にはどのような害があるのでしょうか?

巣銀は体に良くないと広く知られていますが、アマルガムの場合は、腐食することで金属アレルギーと同じような過剰反応が引き起こされたり、アトピーのような症状が皮膚に現れたりします。またイライラやめまい、頭痛など全身に症状が現れることもあります。そのためイギリス、スウェーデンでは使用が中止になりました。


みなさんもお口の中に、昔金属を詰めたなと思われる方は、アマルガムが詰まっているかもしれません。もし気になるようでしたら、歯科医院を受診してみましょう。

 

一覧へ戻る

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.