TOP

医院ブログ

  1. ホーム
  2. 医院ブログ一覧
  3. 医院ブログ詳細

ぶつかって前歯が抜けた!どうしよう…

転倒や打撲などで顔面を打って、前歯が根元から抜けてしまった!そんな時の対処法のお話です。

 基本的な対応として、歯が抜けた場合には「歯牙保存液」「生理食塩水」「牛乳」に漬けて歯科医院を受診してください。最近の小中学校の保健室に常備されているところもある「歯牙保存液」が最も推奨されますが、緊急対応として最も身近にあるものが「牛乳」になります。

 なぜ牛乳なのかというと、浸透圧とpHが体液に似ているため脱落した歯にダメージが少ないからです。

 では牛乳に漬けていれば問題なし!というわけにはいきません。

 事故等で脱落した歯を再植するためのポイントです。

 歯の根の部分には「歯根膜」という骨と歯をつなぐ膜があります。ここがダメージを受けると再植の成功率がぐっと下がります。歯根膜は乾燥に弱く、牛乳や保存液などに漬けていない場合での生存は30分が限界と言われています。素早い対応が大切です。

 1.歯の根にはできるだけ触らない
 2.水で洗わない(浸透圧の関係で歯根膜の細胞がダメージをうけてしまう)
 3.決して消毒液などには漬けない(歯根膜の細胞が死んでしまう)
 4.砂など汚れがついても、そのまま保存液や牛乳などにつける
 5.牛乳もない場合、お口の中(舌の下)に入れておく。またはビニール袋や手のひらに入れて、急いで歯科医院を受診する。歯が乾燥してしまうので、ティッシュペーパーにはくるまないこと。

 迅速で適切な対応ができれば、事故等で抜けてしまった歯は再び戻すことができる可能性は高くなります。覚えておかれると、何かのときには役に立つ情報でした。
(歯の根が割れてしまったり、バラバラになってしまった場合には残念ながら戻すことは難しくなります。)

 

 

 

一覧へ戻る

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.