TOP

医院ブログ

  1. ホーム
  2. 医院ブログ一覧
  3. 医院ブログ詳細

インプラント治療の流れ

インプラントの治療の流れについて

STEP1  カウンセリング

インプラント手術の前に、患者様が治療について不安や疑問を感じる事がないよう、インプラント手術の一連の流れをご理解いただくことが大切です。「すぐに治療を始めたい」という患者様もいらっしゃいますが、適切な治療方法を決定するためには、患者様のご希望を伺った上で十分に検査を行い、治療について納得していただけるように分かりやすく説明することが重要だと考えています。 

当院ではプライバシーに配慮した完全個室の診療室やカウンセリングルームでカウンセリングを行っています。初回のカウンセリングでは、レントゲン検査の結果をもとに治療方法や手順、おおよその費用についてご提案させていただきます。


​STEP2 検査・手術日の決定

​インプラントを埋入する部分の骨の状態をより詳しく把握するためにCT撮影を行います。撮影したCT画像をもとに、インプラントの方向、傾き、深さを立体的に決定していきます。

​手術の日程を決定する際は、希望の日程をうかがい、できるだけ患者様の希望に沿って治療スケジュールを組んでいきます。


STEP3 手術

​インプラント手術は、歯肉を切開して顎の骨を削り、人工歯根部を挿入します。骨を削るというと怖いイメージがありますが、麻酔を使用しますのでほとんど痛みを感じることはありません。


STEP4 治癒期間 

手術の後、通常は約3~6か月の治癒期間をおきます。インプラントに使用されているチタンは骨と結合する性質をもっています。この期間では、仮の歯を使用できることもあります。


​STEP5 二次手術

​骨とインプラントが結合して安定した後に、局所麻酔下で歯肉を切開し、インプラントの頭の部分を露出させます。歯肉を切開し露出させたインプラントに連結部分を装着する処置を二次手術と言います。この状態で歯茎が治るまで約1~6週間待ちます。インプラント手術には1回法と2回法があり、この二次手術は1回法では行いません。

​*1回法とは、インプラントを埋入した後に装着する蓋を歯肉から露出させる方法です。
​*2回法では、インプラントを埋入した後、歯肉を縫合しインプラントが骨と生着するまで、インプラントを完全に歯肉の中に埋め込みます。


​STEP6 人工の歯の製作・装着

​歯肉が治った時点で型をとり、人工の歯を作ります。色や形は人それぞれ違いますので、各々に合わせて製作してインプラントに取り付けます。



このように、インプラント治療には多くの工程が必要です。しかし、得られるものはその分大きいと思います。あれこれ悩んでいらっしゃるようでしたら、ぜひご相談ください。 

 

一覧へ戻る

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.